犬の循環器の構造や仕組みを紹介。犬の心臓の構造や心臓の仕組みについて詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の心臓の構造や心臓の仕組みについて詳しく解説
トップ循環器の病気>犬の心臓の構造と仕組み

犬の心臓の構造と仕組み【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の心臓の構造と仕組み

心臓を中心として、全身に血液やリンパ液を循環(じゅんかん)させる器官を「循環器」といいます。
犬が起こす循環器の病気の多くは、心臓の病気になります。
心臓は、主に筋肉で構成され、この筋肉を強く収縮させることによって、心臓内の血液を絶えず全身へと送る役割を果たしています。
循環器に異常が生じると、全身に血液が送られなくなるため、体は必要な酸素や栄養を十分に吸収できなくなります。

犬の心臓の構造

心臓は、「右心房(うしんぼう)」、「右心室(うしんしつ)」、「左心房(さしんぼう)」、「左心室(さしんしつ)」の4つの部屋に分かれています。
左右の心房の間は「心房中隔(しんぼうちゅかく)」によって仕切られ、左右の心室の間は「心室中隔(しんしつちゅうかく)」によって仕切られています。
心房と心室の間や、心室と動脈の間は、血流を調整する「弁(べん)」によって仕切られています。

心臓は、血液を循環させるポンプのような役割を果たしています。
心臓から押し出された血液は、まず心臓につながっている太い大動脈(だいどうみゃく)を通り、全身に網の目のように張り巡らされている細い血管へと流れ、体の隅々まで送られます。

体の各細胞は、送られてきた酸素や栄養を多く含む血液「動脈血(どうみゃくけつ)」から、酸素や栄養を受け取ると同時に、二酸化炭素(炭酸ガス)や老廃物を血液に渡す働き「ガス交換」をおこないます。
炭酸ガスや老廃物によって汚れた血液「静脈血(じょうみゃくけつ)」は、静脈血管を通って心臓へと戻ります。
静脈から戻った血液は、右心房へ入ってそこから右心室へと送られます。
右心室へ送られた血液は、肺動脈(はいどうみゃく)を通って肺へと送られます。
肺は、血液中の二酸化炭素(炭酸ガス)や老廃物を受け取ると同時に、酸素や栄養を血液に渡す働き「ガス交換」をおこなって、静脈血から動脈血へと変えた後、左心房から左心室という順に送られ、心臓の収縮とともに、大動脈へと押し出されます。


チェック関連病気

心不全僧帽弁閉鎖不全症フィラリア症寝室中隔欠損症心房中隔欠損症動脈管開存症肺動脈狭窄症溶血性貧血血小板減少症血液のがん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.