動物病院で使用される薬を解説。犬の生殖器の病気の治療のために動物病院で使用される、または処方される薬を紹介しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の生殖器の病気の治療のために動物病院で使用される、または処方される薬を紹介
トップ動物病院で使われる薬>生殖器の病気に使う薬

犬の生殖器の病気に使う薬【犬の薬】

犬の生殖器の病気に使う薬

犬の生殖器の病気では、その大半が手術をおこなって治療するため、薬物療法だけで病気を治療するケースはほとんどありません。
オス犬では、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)で手術ができない場合や、飼い主が手術を望まない場合などに、薬物療法をおこないます。
メス犬の場合には、妊娠や出産の際に、避妊薬(ひにんやく)や堕胎薬(だたいやく)、陣痛促進薬(じんつうそくしんやく)などの薬が使用されます。

【オス犬の生殖器の薬】
【メス犬の生殖器の薬】
  • 避妊薬(ひにんやく)
    妊娠を防止するための薬です。
    避妊薬としては、プロゲステロンという雌性ホルモン(女性ホルモンのひとつ)を注射する方法と、犬の体内に埋め込む「インプラント」という方法があります。
  • 堕胎薬(だたいやく)
    ホルモン薬を使って人工流産させる薬です。
    避妊薬としては、卵胞ホルモン製剤である「エストラジオール」や「エストリオール」があります。

チェック関連症状

痛みや炎症を抑える薬アレルギーの薬皮膚の病気に使う薬脳と神経の病気に使う薬目の病気に使う薬呼吸器の病気に使う薬循環器の病気に使う薬消化器の病気に使う薬生殖器の病気に使う薬泌尿器の病気に使う薬ホルモン異常の病気に使う薬感染症に使う薬寄生虫病に使う薬中毒に使う薬腫瘍の薬応急処置に使う薬



▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.