動物病院で使用される薬を解説。犬の循環器の病気の治療のために動物病院で使用される、または処方される薬を紹介しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の循環器の病気の治療のために動物病院で使用される、または処方される薬を紹介
トップ動物病院で使われる薬>循環器の病気に使う薬

犬の循環器の病気に使う薬【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の循環器の病気に使う薬

犬の循環器の病気の薬には、循環器の中心的な役割を担う心臓の機能が正常に果たせない状態である「心不全」の薬「強心薬」や、血管を拡げることによって血液の流れをよくする「血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)」、排尿量を増やすことによって血液量を減らす「利尿薬(りにょうやく)」、血液のかたまり「血栓(けっせん)」ができないようにする「抗血栓薬(こうけっせんやく)」、できてしまった血栓を溶かす「血栓溶解薬(けっせんようかいやく)」があります。

  • 強心薬(きょうしんやく)
    心臓を刺激することによって、心臓の働きを回復させる作用がある薬です。
    代表的な強心薬は、植物から抽出された「ジギタリス製剤」です。
    その他にも、カルシウム感受性増強薬などがあります。
  • 血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)
    血管を拡げることで、心臓にかかる負担を減らす作用がある薬です。
    血管拡張薬には、血管を緊張させる交感神経の働きを抑えて血管を拡げる「α遮断薬(あるふぁしゃだんやく)」、「β遮断薬(べーたしゃだんやく)」や、血圧を調整するホルモンに作用して血管を拡げる「アンギオテンシン変換酵素阻害薬(あんぎおてんしんへんかんこうそそがいやく)」などがあります。
    その他にも、直接血管の筋肉に作用して血管を拡げる「カルシウムチャンネル阻害薬」があります。
  • 抗血栓薬(こうけっせんやく)
    血小板の働きを抑制することによって、血栓(血液のかたまり)の発生を抑える作用がある薬です。
    解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく)として知られる「アスピリン」は、抗血栓薬の代表として知られています。

チェック関連症状

痛みや炎症を抑える薬アレルギーの薬皮膚の病気に使う薬脳と神経の病気に使う薬目の病気に使う薬呼吸器の病気に使う薬循環器の病気に使う薬消化器の病気に使う薬生殖器の病気に使う薬泌尿器の病気に使う薬ホルモン異常の病気に使う薬感染症に使う薬寄生虫病に使う薬中毒に使う薬腫瘍の薬応急処置に使う薬



▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.