動物病院で使用される薬を解説。犬の目の病気(白内障)を治療するための薬である「白内障の薬」について解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の目の病気(白内障)を治療するための薬である「白内障の薬」について解説
トップ動物病院で使われる薬目の病気に使う薬>白内障(はくないしょう)の薬

犬の白内障(はくないしょう)の薬【犬の薬】

白内障(はくないしょう)の薬

白内障を起こす原因は、目のレンズにあたる水晶体(すいしょうたい)のたんぱく質が変性し、水晶体がにごることです。
犬の白内障は、病気自体を根本的に治すことはできませんが、薬を使い、タンパク質の変性を抑えることによって、病気の進行を遅らせることが可能です。
白内障の治療によく使われる「ピレノキシン」は、このタイプの点眼薬です。
その他の薬としては、水晶体のたんぱく質を保護する作用がある「グルタチオン」などの薬があります。
ただし、いずれの薬も、根本的に病気を治す薬ではなく、進行を遅らせるための薬です。

薬の効能

白内障の原因である、水晶体のたんぱく質がにごるという現象を抑える作用があります。
水晶体のタンパク質の変性を抑える作用があるため、白内障の進行を妨げることができます。

薬の副作用

副作用は特にありません。

処方される薬

ピレノキシン/還元型グルタチオン


チェック関連症状

抗炎症薬白内障の薬緑内障の薬



▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.