動物病院で使用される薬を解説。犬のアレルギーを抑えるための薬である抗ヒスタミン薬について解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬のアレルギーを抑えるための薬である抗ヒスタミン薬について解説
トップ動物病院で使われる薬アレルギーの薬>抗ヒスタミン薬

犬の抗ヒスタミン薬【犬の薬】

抗ヒスタミン薬

アレルギーが起こると、肥満細胞という免疫関係の細胞から「ヒスタミン」という物質が大量に放出されますが、このヒスタミンは、他の細胞に働きかけをして、腫れやかゆみを生じさせる作用があります。
抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンが働きかけようとする細胞に先回りをして、ヒスタミンが作用しないようにブロックする効果があります。
ただし、強い炎症には効果が薄いため、軽い炎症や、かゆみなどの症状に多く使われています。

薬の効能

免疫作用を起こすヒスタミンが作用しないようにブロックする効果があります。
軽い炎症や、かゆみなどの症状に多く使われています。

薬の副作用

副作用は特にありません。

処方される薬

クロルフェニラミン/クレマスチン/ホモクロルシクリジン/ジフェンヒドラミン


チェック関連症状

抗ヒスタミン薬抗アレルギー薬免疫機能調整薬



▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.