動物病院で使用される薬を解説。犬のアレルギーを抑えるために動物病院で使用される、または処方される薬を紹介しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
アレルギーを抑えるために動物病院で使用される、または処方される薬を紹介しています。
トップ動物病院で使われる薬>アレルギーの薬

犬のアレルギーを改善する薬【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬のアレルギーの薬

近年、犬にもアレルギーが増えています。
アレルギーを発症してしまうと、鼻水、くしゃみ、かゆみ、脱毛など、様々な症状があらわれます。
アレルギーが起こると、免疫にかかわる細胞から、ヒスタミンやセロトニンなどの「ケミカルメディエーター」と呼ばれる物質が放出され、これらの物質が原因によって、かゆみや炎症などの症状があらわれます。
アレルギーの薬は、このケミカルメディエーターがつくられないように作用したり、放出されるのを防いだり、細胞に作用しないように妨げるなどの効果があります。
アレルギーの薬の代表として、ヒスタミンの作用を抑える「抗ヒスタミン薬」、アレルギーの治療だけを目的に開発された「抗アレルギー薬」、免疫を抑えるための「免疫機能調整薬」があります。
その他にも、炎症を抑える効果が高く、アレルギ反応にも高い効果を持つ「ステロイド系抗炎症薬」は、アレルギーの治療によく使われれる薬です。

  • 抗ヒスタミン薬
    ヒスタミンが働きかける細胞より先回りして、ヒスタミンが作用しないようにブロックする薬です。
    軽い炎症や、かゆみがあるときによく使われています。
  • 抗アレルギー薬
    ケミカルメディエーターが放出されないように、肥満脂肪の細胞膜を安定させたり、ケミカルメディエーターが他の細胞に働きかえるのを妨げるための薬です。
    アレルギーを治療するためだけの薬です。
  • 免疫機能調整薬
    免疫力を抑えるための薬です。
    主に、難治性のアトピー性皮膚炎に用いられます。

チェック関連症状

痛みや炎症を抑える薬アレルギーの薬皮膚の病気に使う薬脳と神経の病気に使う薬目の病気に使う薬呼吸器の病気に使う薬循環器の病気に使う薬消化器の病気に使う薬生殖器の病気に使う薬泌尿器の病気に使う薬ホルモン異常の病気に使う薬感染症に使う薬寄生虫病に使う薬中毒に使う薬腫瘍の薬応急処置に使う薬



▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.