動物病院で使用される薬を解説。犬の心臓に寄生するフィラリアの予防薬について解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の心臓に寄生するフィラリアの予防薬について解説
トップ動物病院で使われる薬寄生虫病に使う薬>フィラリア予防薬

犬のフィラリア予防薬【犬の薬】

フィラリア予防薬

フィラリアは「ミクロフィラリア」というフィラリアの子虫を、蚊が媒介することによって犬に感染します。
このミクロフィラリアの駆除には、「ジチアザニン」などの薬を使用します。
成虫のフィラリアの駆除には、ヒ素を含む薬を使用します。
ただし、寄生しているフィラリアの数が多いと、末梢血管や肺などに殺したフィラリアが詰まるという危険があります。
また、ヒ素を含む薬なので中毒を起こす危険性もあります。
フィラリアに感染してしまうと、場合によっては手術をおこなうなど、薬での治療が難しくなるので、予防薬を使用して未然に感染を防ぎます。

フィラリア予防薬

フィラリアの予防薬には、錠剤、散剤(粉薬)、注射薬、滴下剤(てきかざい)、ジャーキーのような「チュアブル薬」など、様々な種類があります。
基本的に、予防の効力が続く期間は1か月程度です。

薬の効能

フィラリアの感染を未然に防ぐ効果があります。
その他にも、マクロライド系の駆虫薬は、フィラリア予防の他に、回虫や条虫などの寄生虫の駆除や予防にも効果があります。

薬の副作用

副作用は見られません。

処方される薬

モキシデック/システック/カルドメック


チェック関連症状

殺虫薬ニキビダニの薬洗浄剤・耳垢溶解剤駆虫薬フィラリア予防薬



▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.