動物病院で使用される薬を解説。犬の腎不全の進行を遅らせる薬「腎不全改善薬(じんふぜんかいぜんやく)」について解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の腎不全の進行を遅らせる薬「腎不全改善薬」について解説
トップ動物病院で使われる薬泌尿器の病気に使う薬>腎不全改善薬(じんふぜんかいぜんやく)

腎不全改善薬(じんふぜんかいぜんやく)【犬の薬】

腎不全改善薬(じんふぜんかいぜんやく)

腎臓への負担を軽減させることによって、腎不全の進行を遅らせる薬です。
腎不全の改善薬として使用される薬は、血管を拡げて血圧を下げ、心臓の負担を軽減させる薬でもある「アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)」や、「カルシウムチャンネル阻害薬」などの血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)です。
これらの血管拡張薬は、腎臓機能の保持にも効果があります。

薬の効能

腎臓の負担を軽減させる作用があるため、腎不全の進行を遅らせる効果があります。
また、腎臓にある糸球体の毛細血管を拡げて血圧を下げる作用もあるため、毛細血管の負担を軽減させる効果があります。

薬の副作用

特に重大な副作用は見られません。

処方される薬

ベナゼプリル


チェック関連症状

腎不全改善薬利尿薬



▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.