犬のしぐさから病気を察知。せきをしている症状から推測される犬の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ワンちゃんがせきをするという症状から考えられる犬の病気を紹介。
トップ行動の異変から病気を察知する>せきをしている症状から考えられる犬の病気

せきをしている症状から考えられる犬の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

せきをしている症状から考えられる犬の病気

せきは、病原菌やほこりなどの異物が体内に入ったとき、体外へ出すための防御反応です。
せきが続くようであれば、何らかの病気を疑う必要があります。
なお、異物を誤って飲み込んでしまったときや、肋骨を骨折したときにも、せきが出ます。

症状かわいたせき

ケンネルコフ気管支炎(きかんしえん)の疑いがあります。
「ゴホゴホ」とかわいたせきをする他、発熱や呼吸困難などの症状を伴うこともあります。

治療法

治療は、ケンネルコフであれば、気管支炎の原因になっている、ウイルスを殺す治療をおこないます。
吸入器で、のどに気管支拡張薬を噴霧して治療します。

気管支炎の場合は、抗生物質、せきやたんを抑える薬、抗炎症薬などを用います。
さらに、必要に応じて吸引器で薬を吸引します。
清潔な場所で安静にすることも忘れずに!!

症状たんを伴う激しいせき

気管支炎(きかんしえん)などの呼吸器の病気の疑いがあります。
発熱や呼吸困難などの症状を伴うこともあります。

治療法

治療は、抗生物質、せきやたんを抑える薬、抗炎症薬などを用います。
さらに、必要に応じて吸引器で薬を吸引します。
清潔な場所で安静にすることも忘れずに!!

症状弱いせきが時々出る

気管虚脱(きかんきょだつ)僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)肺炎(はいえん)肺水腫(はいすいしゅ)の疑いがあります。

治療法

治療は、気管虚脱であれば、せきを抑える薬や、気管支を広げる薬で対処しますが、一時的に効果があるだけで、再発を繰り返します。
重症の場合には、手術をするケースもありますが、完治は難しいとされています。
夏の暑い日に症状が出やすいので、特に暑い日には、涼しい場所で安静に過ごさせる事を心がけてください。

僧帽弁閉鎖不全症の場合は、強心薬や利尿薬、血管拡張薬などを用いて、症状をやわらげる治療をします。
多くの場合は、長期間にわたって薬物療法を続けます。
なお、病気を根本的に治すには手術しかありません。
ただし、手術をすることができる動物病院がごく少数なのが現状です。

肺炎の場合は、抗生物質、せきやたんを抑える薬、抗炎症薬などを用います。
さらに、必要に応じて吸引器で薬を吸引します。
呼吸困難などの症状が見られる場合には、酸素吸入もおこないます。
清潔な場所で安静にすることも忘れずに!!

肺水腫の場合は、肺にたまった水分を減らすため、利尿薬を用います。
さらに、必要に応じて、酸素吸入もおこないます。
病気の原因になっている、心臓病の治療も必要です。

症状かわいたせきが続く

フィラリア症などの心臓の病気の疑いがあります。

治療法

治療は、駆虫薬を用いて、寄生虫を殺す治療をおこないます。
ただし、殺した寄生虫の死骸が血管を詰まらせることがあるため、投薬の仕方や量に細心の注意をしなければなりません。
治療後は、安静にすることを忘れずに!!
なお、予防策としては、病気の原因となる蚊が飛び始める期間中、月に1回予防薬を飲ませたり、半年間有効の薬を注射したりする方法があります。

矢印考えられる病気
気管虚脱 気管支炎 ケンネルコフ 腫瘍
心不全 腎臓の病気 僧帽弁閉鎖不全症 肺炎
肺水腫 フィラリア症

チェック関連症状

呼吸の仕方がおかしいくしゃみをしているせきをしている


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.