犬のしぐさから病気を察知。嘔吐している症状から推測される犬の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ワンちゃんが嘔吐しているという症状から考えられる犬の病気を紹介。
トップ行動の異変から病気を察知する>嘔吐している症状から考えられる犬の病気

嘔吐している症状から考えられる犬の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

嘔吐している症状から考えられる犬の病気

健康なワンちゃんでも、胃腸の状態を整えるために吐くことがよくあります。
嘔吐する様子や、嘔吐したものをよく観察しましょう!!
嘔吐以外にも、他の症状を伴っていないかもチェックしてください。

症状連続して吐く

消化器の病気(しょうかきのびょうき)中毒(ちゅうどく)の疑いがあります。
何度も連続して嘔吐するという症状が見られます。

治療法

治療は、消化器の病気であれば、食道、胃、すい臓、肝臓、腸、肛門など、消化器の各病気に対応した治療をおこないます。

中毒の場合は、中毒を起こした原因に応じて薬を投与したり、口から胃に管を通して、洗浄液によって毒物などを洗い流して排出する治療を行ないます。

症状大量に吐く

消化器の病気(しょうかきのびょうき)感染症(かんせんしょう)の疑いがあります。
激しくたくさんの量を吐きます。

治療法

治療は、消化器の病気であれば、食道、胃、すい臓、肝臓、腸、肛門など、消化器の各病気に対応した治療をおこないます。

感染症の場合は、細菌などに感染している場合は、抗生物質などの薬を用いて細菌を殺す治療がおこなわれます。
ウイルスに感染している場合には、ウイルスを殺す薬がまだないので、根本的に治療する方法はありません。
予防することが大切なので、ワクチン接種でウイルス感染の予防を心がけましょう!!

症状吐くしぐさだけで吐かない

胃捻転(いねんてん)の疑いがあります。
吐こうとしているにもかかわらず嘔吐物が出ない、腹部が膨らむ、苦しそうに呼吸するなどの症状が見られます。

治療法

治療は、一刻を争う早急な手術が必要です。
開腹して、ねじれた腸をもとに戻す手術が行われます。

症状食べ物以外を吐く

嘔吐物に血液がまじっている場合には、消化器の病気(しょうかきのびょうき)が、虫などがまじっている場合には回虫症(かいちゅうしょう)の疑いがあります。

治療法

治療は、消化器の病気であれば、食道、胃、すい臓、肝臓、腸、肛門など、消化器の各病気に対応した治療をおこないます。

回虫症の場合は、駆虫薬を注射、または内服して、回虫を駆除する治療が行われます。
2週間後に再度便検査をおこなって、回虫が全滅していないようであれば、もう一度駆虫薬を用いた治療を続けます。

症状嘔吐物が便の臭いがする

腸閉塞(ちょうへいそく)の疑いがあります。
大腸から逆流して嘔吐した可能性があります。

治療法

治療は、異物が詰まっていることが原因になっている場合には、ほとんどの場合、異物を取り除く手術がおこなわれます。
異物以外のことが原因になっている場合にも、ほとんどの場合、開腹手術をおこなって治療します。
手術後2日間は絶食させます。

矢印考えられる病気
回虫症 感染症 子宮蓄膿症
消化器の病気 腎不全 中毒

チェック関連症状

食欲がない水を大量に飲む嘔吐している


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.