犬のしぐさから病気を察知。尻を地面にこすりつける症状から推測される犬の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
お尻を地面にこすりつけるという行動から考えられる病気を紹介。
トップ行動の異変から病気を察知する>尻を地面にこすりつける行動から考えられる病気

尻を地面にこすりつける行動から考えられる病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

尻を地面にこすりつける行動から考えられる病気

ワンちゃんは、お尻に痛みやかゆみなどを感じた場合には、地面にお尻をつけて、ズリズリと前に進むような行動をとります。
このような行動が見られる場合には、「お尻に炎症が起きていないか」、「赤くなっていないか」、「腫れていないか」などをチェックしましょう!!
また、その他の症状を伴っていないかもよく観察してください。

症状炎症を起こしている

肛門嚢炎(こうもんのうえん)の疑いがあります。
肛門を床や地面にこすりつけながら歩くという行動の他に、肛門をなめるという行動も見られます。
また、肛門付近は不快なにおいがします。

治療法

治療は、外から肛門嚢を押して、中の分泌物を押し出します。
必要であれば、抗生物質を投与します。
繰り返し肛門嚢炎を起こす場合には、手術で肛門嚢を切除するケースもあります。

症状下痢をしている

寄生虫病(きせいちゅうびょう)の疑いがあります。
肛門を床や地面にこすりつけながら歩くという行動の他に、下痢が続くという症状も見られます。

治療法

治療は、駆虫薬を投与して寄生虫を駆除する治療が行われます。
脱水症状や栄養不良が見られる場合には、輸液など行って水分や栄養を補給させます。
なお、ブラッシングや駆虫薬の服用は、予防対策として効果があります。

矢印考えられる病気
寄生虫病 肛門嚢炎

チェック関連症状

頭を振る・耳をかく痙攣・ふるえている体をかいている歩き方がおかしいお尻を地面にこすりつけている


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.