犬のしぐさから病気を察知。目の色が赤くなる、黄色くなるなどの目の変色症状から推測される犬の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ワンちゃんの目の変色症状から考えられる犬の病気を紹介。
トップ顔の異変から病気を察知する>目の色の異変から考えられる犬の病気

目の色の異変から考えられる犬の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

目の変色症状から考えられる犬の病気

ワンちゃんの目が赤くなることはよくあります。
まず、目のどの部分が赤くなっているか確認しましょう!!
目た目の周辺、まぶたの裏側まで注意深く確認してください。

症状白目部分や下まぶた裏側の部分が赤くなっているケース

結膜炎(けつまくえん)細菌感染(さいきんかんせん)が疑われます。

治療法

治療は、原因に応じて行われますが、物理的な刺激が原因での発症であれば、それを取り除きます。
たとえば、目の周辺の毛が原因であれば、その毛を抜いてあげます。
細菌やウィルス感染が原因での発症であれば、点眼薬や軟膏で治療することができます。

症状角膜が赤く変色しているケース

角膜にできたキズや、アレルギーなどで炎症を起こしている可能性があります。

治療法

治療は、原因に応じて行われますが、物理的な刺激が原因での発症であれば、それを取り除き、点眼薬で炎症を抑えます。
完治までには、数週間から数か月かかります。

症状黒目の部分が白く変色しているケース

白内障(はくないしょう)の疑いがあります。

治療法

進行すると視力障害を起こすので、行動の不自由さを飼い主がカバーする必要があります。
根本的な治療をするためには手術をしなければなりませんが、手術の成功率は高くありません。

症状目が黄色に変色しているケース

目の色の異変イコール必ずしも目の病気だけではありません。
目の色が黄色に変色している場合は、肝臓の病気(かんぞうのびょうき)を疑う必要があります。

治療法

原因が肝臓の病気による場合には、十分休息をさせ、栄養のある食べ物を与えます。
同時に薬物医療も必要で、抗生物質や肝臓の機能を回復させるための薬、糖質タンパク質、ビタミンなど、栄養補給するものなどが投与されます。

矢印考えられる病気
結膜炎 眼瞼外反症 眼瞼内反症 角膜炎
逆さまつげ チェリーアイ 白内障 緑内障

チェリーアイ

チェリーアイ目頭に、サクランボのような赤い玉のようなものができることがあります。
これは、チェリーアイと呼ばれる病気で、犬特有の第三眼瞼腺が脱出することで起こります。
治療法は、飛び出た第三眼瞼腺を元の場所へ押し戻す方法がとられますが、再発する場合がほとんどです。
症状がひどい場合は、飛び出た箇所を切除したり、第三眼瞼の奥に繋ぐ手術を行ったりします。
チェックチェリーアイを詳しく見る


チェック関連症状

目やにや涙が出る目の色の異変目が飛び出してみえる



▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.