犬のしぐさから病気を察知。くしゃみをしている症状から推測される犬の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ワンちゃんがくしゃみをするという症状から考えられる犬の病気を紹介。
トップ行動の異変から病気を察知する>くしゃみをしている症状から考えられる犬の病気

くしゃみをしている症状から考えられる犬の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

くしゃみをしている症状から考えられる犬の病気

くしゃみは、鼻腔に何らかの刺激を受けることによって起こります。
くしゃみを引き起こす原因としては、ほこりなどの異物による刺激の他に、鼻炎や鼻腔の腫瘍、ジステンバーのような感染症などの病気が考えられます。
なお、歯根膿瘍(しこんのうよう)を起こしていて、炎症が鼻腔まで広がっている場合にも、口から食べたり飲んだりすることが刺激になり、くしゃみが出るケースもあります。

症状発熱や強い口臭

歯根膿瘍(しこんのうよう)の疑いがあります。
発熱して元気がなくなり、鼻から出血や膿を出し、くしゃみをします。
食欲の低下や強い口臭、よだれを出すという症状も見られます。

治療法

治療は、抜歯するか、歯髄を切除して、そこを充填する治療を行います。

症状発熱や食欲不振

ジステンバーの疑いがあります。
初期症状は、軽い発熱や食欲不振程度です。
そのまま自然治癒することもありますが、体力の低下した犬が感染した場合は、高熱、食欲低下、嘔吐、下痢、鼻水、せき、くしゃみなどの症状が見られます。
病気が進行すると、興奮、てんかん発作、体の一部がピクピク動くチック症状などが見されます。

治療法

治療は、基本的には入院して治療をおこないます。
これは、他の犬に伝染させる危険性があるためです。
ジステンバーウイルスに対抗する薬はないので、症状の対症療法をおこないます。
免疫力が低下しないように保温に努め、必要であればビタミンの補給などもおこないます。
ワクチン接種を受けて感染を予防することが大切です。

症状鼻血が出る

鼻出血(びしゅっけつ)の疑いがあります。

治療法

治療は、原因が顔面の打撲など外傷による場合には、安静にすることでおさまります。
血液の病気や中毒、感染症、腫瘍、全身の病気などの原因によって、鼻出血を起こしている場合には、原因を突き止め、その病気を治療します。

症状鼻水や鼻血

鼻炎(びえん)の疑いがあります。
初期症状としては、水っぽい鼻水、くしゃみが出ます。
病気が進行すると、膿のような鼻汁を出すようになり、鼻汁に血液がまじるケースもあります。

治療法

治療は、炎症を起こす原因になっている、細菌やウイルス、アレルゲンの対処をします。
原因が、細菌感染であれば抗生物質を投与し、アレルギーであれば抗アレルギー薬などを投与するなど、原因に応じて治療します。

症状鼻の下が膨らんでいる

鼻腔の腫瘍(びくうのしゅよう)の疑いがあります。

治療法

治療は、治療は、腫瘍の種類によって多少異なりますが、基本的には、「手術(外科治療)」、「抗がん剤の投与(薬物治療)」、「放射線療法」の3つです。
最も多く行われる治療は、病巣を切除する手術です。
悪性腫瘍の場合は、病巣だけでなく、周囲の組織と共に大きく切除します。
ただし、腫瘍の種類や病巣場所、体質や年齢などによっては、手術が困難なケースもあり、そのそうな場合には、抗がん剤の投与による薬物治療や放射線治療が行われます。
もちろん、それぞれの治療法を併用するケースもあります。

症状鼻水やくしゃみ

副鼻腔炎(ふくびくうえん)の疑いがあります。
初期症状は、鼻水やくしゃみが出る程度です。
病気が進行すると、粘っこい鼻水が出るようになり、「ゼーゼー」と苦しそうに呼吸するようになります。

治療法

治療は、抗生物質を使用します。
ネブライザーという吸入器を用いて、副鼻腔に直接薬を噴霧する治療がおこなわれます。
病気の程度によっては、たまっている膿を洗い流したり、チューブを挿入して洗浄したりと外科的な処置をするケースもあります。

矢印考えられる病気
感染症 歯根膿瘍 鼻出血
鼻炎 鼻腔の腫瘍 副鼻腔炎

チェック関連症状

呼吸の仕方がおかしいくしゃみをしているせきをしている


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.