犬のしぐさから病気を察知。体をかく症状から推測される犬の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ワンちゃんがしきりに体をかく症状から考えられる犬の病気を紹介。
トップ行動の異変から病気を察知する>体をかく症状から考えられる犬の病気

体をかく症状から考えられる犬の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

体をかく症状から考えられる犬の病気

ワンちゃんがしきりに体をかいている場合には、かいている箇所の被毛をかき分けて、皮膚の様子をチェックしてください。
目立つ皮膚の異常が見られないのにもかかわらず、しきりに体をかいている場合には、心臓や肝臓、腎臓などの病気が疑われます。
脱毛している、赤くなっている、腫れているなど、皮膚に異常が見られる場合には、皮膚の病気を疑ってください。
なお、かゆみの原因は病気だけとは限らず、シャンプーが皮膚にあっていないケースなど、生活の変化による原因も考えられます。

症状皮膚が腫れている・脱毛している

アレルギーによる皮膚の病気疥癬症(かいせんしょう)ノミアレルギー性皮膚炎膿皮症(のうひしょう)皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)などの疑いがあります。
体をかく他に、脱毛や皮膚の腫れなどの症状が見られます。

治療法

治療は、アレルギーによる皮膚の病気であれば、副腎皮質ホルモン(ステロイド系抗炎症薬)や抗ヒスタミン薬を用いて、炎症やかゆみを改善させます。
また、アレルギーテストによりアレルゲンを特定して、生活環境からできるだけアレルゲンを排除することも大切です。

疥癬症の場合は、病気の原因であるダニを殺す作用のある抗生物質を服用させたり、ダニを殺す作用のある薬を全身に散布した後に洗い流すなどして、繁殖したダニを殺します。
ダニが完全に死滅するまでの期間、根気よく治療を続ける必要があります。

ノミアレルギー性皮膚炎の場合は、アレルギーの原因になっているノミを駆除します。
皮膚に駆虫薬を垂らす滴下剤や、噴霧するスプレー剤、ノミ取り首輪などの薬剤を用います。
その他予防対策として、生活スペースの中でノミの卵や幼生がつきやすい場所(畳、じゅうたん、ぬいぐるみ、タオルなど)をこまめに掃除して、ノミが繁殖しないようにします。

膿皮症の場合は、犬用シャンプーで皮膚を洗った後、抗生物質を内服または、塗布して治療します。
もともと皮膚病を発症していて、二次発症で膿皮症を起こしたケースであれば、その原因のもとになっている病気の治療が必要です。

皮膚糸状菌症の場合は、病気の原因になっているカビを殺す治療をおこないます。
カビは、症状がでている部位だけではなく、周囲に広がっていて、かつ、感染源となる胞子をまき散らしています。
そこで、まずは全身の被毛を刈り取って、カビを殺す薬による薬欲をおこなうと共に、真菌を殺す塗り薬を体に塗布し、同様の効果がある内服薬も飲ませます。
完治には、2か月から3か月かかります。
早期に症状が治まっても、獣医師の指示に従って治療を続け完治させます。
同居している犬や猫がいる場合には、感染の有無を確認する必要があります。

症状目元をかく

結膜炎(けつまくえん)角膜炎(かくまくえん)などの目の病気が疑われます。
前足でしきりに目をこするため、目の周辺が赤く腫れたり、涙や目やにの量が増えます。

治療法

治療は、結膜炎であれば、原因に応じて治療おこなわれます。
物理的な刺激が原因での発症であれば、それを取り除きます。
たとえば、目の周辺の毛が原因であれば、その毛を抜いてあげます。
細菌やウィルス感染が原因での発症であれば、点眼薬や軟膏で治療することができます。

角膜炎の場合も、原因に応じて治療がおこなわれます。
物理的な刺激が原因での発症であれば、それを取り除き、点眼薬で炎症を抑える治療をおこないます。
完治までには、数週間から数か月かかります。
全身性の病気が原因であれば、その病気を治療します。

症状耳をかく

耳に細菌やダニが繁殖している可能性があります。
足で耳をかいたり、耳をものにこすりつけたりする行動が見られます。
耳のあたりを触ると嫌がるのも特徴です。
頭を振る行動を伴っていなかもチェックしてください。

治療法

治療は、耳の各病気に対応した治療がおこなわれます。
チェック激しく頭を振る行動を伴うケース

矢印考えられる病気
アレルギー性皮膚病 疥癬症 脂漏症
ツメダニ症 内分泌性皮膚炎 ニキビダニ症
膿皮症 ノミアレルギー皮膚炎 皮膚糸状菌症
耳の病気 目の病気

チェック関連症状

頭を振る・耳をかく痙攣・ふるえている体をかいている歩き方がおかしいお尻を地面にこすりつけている


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.