犬のしぐさから病気を察知。皮膚にしこりがある異変から推測される犬の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ワンちゃんの皮膚にしこりがあるという症状から考えられる犬の病気を紹介。
トップ体の異変から病気を察知する>皮膚にしこりがある症状から考えられる犬の病気

皮膚にしこりがある症状から考えられる犬の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

皮膚にしこりがある症状から考えられる犬の病気

皮膚の腫瘍ワンちゃんの皮膚の表面を触ったときに、しこり(突起物)を感じた場合には、犬の様子をよく観察する必要があります。
痛みを感じたり、触られるのを嫌がったりするしぐさがないか確認しましょう!!

症状あごや乳腺、わきの下、足のつけ根にしこりがある

腫瘍(がん)の疑いがあります。
触られるの嫌がったり、痛みを感じたりするしぐさがない場合には、要注意です。
動物病院で検査を受けてください。

治療法

治療は、腫瘍の種類によっても異なりますが、基本的には、「手術(外科治療)」、「抗がん剤の投与(薬物治療)」、「放射線療法」の3つです。
最も多く行われる治療は、病巣を切除する手術です。
悪性腫瘍の場合は、病巣だけでなく、周囲の組織と共に大きく切除します。
ただし、腫瘍の種類や病巣場所、体質や年齢などによっては、手術が困難なケースもあり、そのそうな場合には、抗がん剤の投与による薬物治療や放射線治療が行われます。
もちろん、それぞれの治療法を併用するケースもあります。

矢印考えられる病気
皮膚の腫瘍 乳腺腫瘍 悪性リンパ

チェック関連症状

フケが出る症状皮膚の色の異常皮膚にしこりがある症状脱毛する症状



▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.