犬のしぐさから病気を察知。体温が上がっている異変から推測される犬の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ワンちゃんの体温が上がっているという症状から考えられる犬の病気を紹介。
トップ体の異変から病気を察知する>発熱している症状から考えられる犬の病気

発熱している症状から考えられる犬の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

発熱している症状から考えられる犬の病気

ワンちゃんの平熱は、37度5分から39度2分程度です。
この程度であれば正常ですが、熱が39度5分以上ある場合には、感染症などにかかっている恐れがあります。
発熱は、耳のつけ根や足先、ひたいなど、普段は冷たい箇所に手をあてることで、感じ取ることができます。
それ以外にも、「呼吸が荒い」、「元気がない」、「冷たい場所に伏せる行動」など、発熱のサインを出すので、見逃さないことが大切です。
以上のようなサインが見られる場合には、体温計で体温を測ってください。
体温が41度をこえると、脱水症状を起こし、命にかかわるケースもあるので、早急に動物病院で診察を受けてください。
なお、発熱しているからっといって病気にかかっているとは限りません。
中毒が原因によって、ワンちゃんの体温が上がることもあります。

症状せきや発熱・吐き気・呼吸困難

気管支炎(きかんしえん)の疑いがあります。
軽度であれば、散歩などの運動をした際に「コホコホ」と空ゼキが出る程度ですが、進行すると、「ゴホンゴホン」とたんが絡んだような咳に変わります。
咳の後に吐き気をもよおすこともあります。

治療法

治療は、抗生物質、せきやたんを抑える薬、抗炎症薬などを投与します。
さらに、必要に応じて、吸引器で薬を吸引させます。
清潔な場所で安静にすることが、早期回復につながります。

症状嘔吐や下痢、発熱

中毒(ちゅうどく)の疑いがあります。

治療法

治療は、中毒を起こした原因に応じて薬を投与したり、口から胃に管を通して、洗浄液によって毒物などを洗い流して排出する治療を行ないます。

症状呼吸が荒い・よだれを多量に流す

熱中症(ねっちゅうしょう)の疑いがあります。
命にかかわるケースもあるので、早急な治療が必要です。

治療法

治療は、保冷剤や冷水をかけるなどして、体全体を冷やします。
意識がある場合には、1%程度の塩水やスポーツドリンクを飲ませます。
「あつい環境におかない」、「水をこまめに飲ませる」などは熱中症予防の対策として効果的です。
なお、意識がないなど、重度の場合は早急に動物病院で診察を受けてください。

症状重い咳・呼吸困難・発熱・食欲低下

肺炎(はいえん)の疑いがあります。

治療法

治療は、抗生物質や咳やたんを抑える薬、抗炎症薬などを投与します。
さらに、必要に応じて吸引器で薬を吸引します。
また、呼吸困難などの症状が出ている場合には酸素吸入もします。
清潔な場所で安静にすることも忘れずに!!

矢印考えられる病気
感染症 気管支炎 中毒 熱中症 肺炎

チェック関連症状

異臭がする症状腹部が腫れている症状生殖器が腫れている症状発熱している症状体重が増加・減少する症状


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.