犬のしぐさから病気を察知。排泄物の異変から考えらえる犬の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録

「下痢をしている」や「便秘になっている」、「尿の量が異常に多い」など、排泄物の異変から考えられる犬の病気を異変別に解説しています。

トップ>排泄物の異変から病気を察知する

排泄物の異変から犬の病気を察知する【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の尿の異変

尿の異変(犬の病気)
  • 尿の量が異常
    子宮蓄膿症/腎臓の病気/前立腺炎/前立腺肥大症/泌尿器の病気/ホルモン異常の病気など
  • 尿の色が異常
    肝臓の病気/血液の病気/尿路結石症/前立腺炎/中毒/糖尿病/尿崩症/泌尿器の病気など

犬の便の異変

便の異変(犬の病気)
  • 便秘をしている
    肛門嚢炎/子宮蓄膿症/前立腺炎/前立腺肥大症/膣炎/尿路結石症など
  • 下痢をしている
    感染症/寄生虫病/消化器の病気/急性腎不全/中毒など
  • 便が異常
    寄生虫病/コロナウィルス感染症/消化器の病気/ジステンバー/パルボウィルス感染症など
▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.